弁護士紹介

判例情報・コラム

伊藤慶太

プロフィール

経歴
埼玉県出身
平成15年 県立所沢高等学校卒業
平成20年 慶應義塾大学文学部卒業
平成22年 慶應義塾大学法科大学院修了
      司法試験合格
      司法研修所入所(新64期)
平成23年 弁護士登録
平成24年 箕輪法律事務所入所
所属
東京弁護士会
趣味
野球/美術鑑賞/読書
モットー
丁寧かつ誠実に個々の案件に取り組み,依頼者の方々の希望を実現できるよう,弁護士としての研鑽を重ねてまいります。
 
東日本大震災による福島第一原発事故で群馬県に避難した住民が、国と東京電力を相手に損害賠償を求めた裁判について、3月17日に判決があり、裁判所が国と東京電力の責任を認めたと報道されています。
報道によると、判決は、国は津波の到来を予見することができ、東京電力に対策を取らせれば事故を防ぐことが可能であったと指摘し、東京電力も津波の到来を実際に予見していたと判断したとのことです。
国と東京電力に過失が認められるかという点が大きな争点だったようですが、一般に予見可能性の立証は困難であることが多く、本判決は未曾有の津波について予見可能性を肯定した画期的な判決ではないでしょうか。
(2017.03.17更新)
近年、簡易裁判所における交通事故(物損事故)訴訟の件数が増加しており、審理期間も長期化する傾向にあることから、簡易迅速な審理・判決を実現するため、最高裁が審理・判決の在り方を研究し、その成果として「簡易裁判所における交通損害賠償訴訟事件の審理・判決に関する研究」が刊行されました。
迅速に紛争を解決するために審理モデルを作成することは有用であると思われますが、一方で、審理がパターン化されてしまい、事案に即した解決が困難になることが危惧されます。
今後、簡易裁判所における交通事故訴訟がどのように運用されていくのか注目されます。(2017.02.17更新)
 最高裁は、平成28年12月19日、預貯金の遺産分割に関する従来の判例を変更する決定を下しました。
 預貯金については、従前、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されて各共同相続人の単独債権となり、共有関係に立つものではないとする最高裁判例が存在したため、家庭裁判所の実務上は、原則として遺産分割の対象とせず、相続人全員の同意がある場合に限り遺産分割の対象とされてきました。
 今後は、遺産分割調停や審判においても預貯金が遺産分割の対象として扱われることになり、分割方法の選択の幅が広がりますが、銀行が各相続人による法定相続分のみの払戻に応じようとしなくなることも予想されます。(2017.01.20更新)
 個人情報保護法が改正され、平成29年春頃に施行される予定となっています。
いわゆる5000件要件が撤廃されることになり、個人情報取扱事業者として新たに規制を受けることになる事業者が多く存在するものと思われます。 弁護士としては、刑事事件等のプライバシー性が高い情報を扱うことが多いため、要配慮個人情報の取り扱いに注意が必要となります。
また、個人データの第三者提供に関する記録・確認義務等、事業者にとって重要な改正が行われており、個人情報保護委員会ガイドライン等を参照しながら施行に向けて体制の整備を進める必要があります。(2016.12.07更新)
 先日、最高裁は、弁護士法23条の2に基づく弁護士会照会に関する新たな判断を示しました。
 本件は、所在不明の相手方の住所地を明らかにするため、弁護士会が転居届を提出した郵便局に対して弁護士法23条の2に基づいて照会したところ、日本郵便が通信の秘密等を理由に回答を拒否したため、当該事件の依頼者及び弁護士会が日本郵便に対して損害賠償を請求した事案でした。
 最高裁は、「23条照会に対する報告を受けることについて弁護士会が法律上保護される利益を有するものとは解されない。」と判示し、弁護士会による損害賠償請求を認めませんでした。  しかし、弁護士会照会による報告義務の確認を求めた点については、更に審理を尽くさせる必要があるとして、原審に差し戻すことになったため、弁護士会による報告義務の確認請求の余地は残されています。  訴訟の提起や強制執行の申立等で事件の相手方の住所地を調査することがありますが、相手方が住民票上の住所地に居住していない場合には、住所地を特定することが困難な場合が多く、郵便局に提出した転居届は重要な手がかりとなるため、一律に報告義務を否定すべきではなく、回答の可否については具体的な利益衡量を行う必要があります。
 報告義務の確認については、差戻審の判断が注目されるところです。(2016.10.28更新)
先日、法務省が、民事執行法を改正し、裁判等で確定した養育費や損害賠償金の支払義務の履行を確保するため、裁判所が金融機関に口座情報を照会して回答させる仕組みを導入する方針を固めたとの報道がありました。
これが実現すれば預貯金を差し押さえることが可能になります。苦労して判決を取ったものの、差押対象財産を発見することができず、実際に回収することができないことも多々あります。法改正が実現すれば、これまで回収できずに眠っていた多くの債務名義が掘り起こされるのではないでしょうか。(2016.09.21更新
初めて皇居ランに行ってきました。
大学院に通っていたときに、運動不足を解消するため近所の川沿いを走っていたこともあったのですが、それ以降ランニングをする機会はまったくありませんでした。
大学院生のときに買って自宅で何年も眠っていたランニングシューズを引っ張り出して、皇居ランに臨みました。当日はかなり気温が高く、決してランニングに適した気候ではなかったのですが、大量に汗をかいて走ったことでいい気分転換になりました。(2015.09.04更新)
ヒット and ラン
趣味に野球と書きましたが、野球だけではなくスポーツは全般的に好きです。 仕事からくるストレスや悩みも、体を動かすことですべて解消できる気がします。 ゴルフを始めて先日コースデビューしました。もちろんスコアについては触れません。打っては走りを繰り返し、ゴルフというよりマラソンという感じでしたが、非常にいい気分転換になりました。 年末から年明けは、お酒を飲みに行く機会が多く、不健康な生活となるので、知り合いから誘われている皇居ランを始めてみようかと思っています。(2014.12.24更新)

お問い合わせ法律相談
お問い合わせ

facebookページもご覧下さい
遺産相続ガイドブック
遺産相続ガイドブックを
無料で配付しています。
内容の案内は【こちら】
お気軽にご請求ください。
遺産相続ガイドブック

法律相談
24時間受付中!
初回1時間まで相談料無料。
お気軽にご相談ください。

弁護士紹介

事務所アクセス

■所在地

〒105-0001
東京都港区虎ノ門5丁目1番4号
東都ビル6階

tel03-3578-1837(代)fax03-3578-1839

tel03-3578-1837(代)fax03-3578-1839

【受付時間】
平日(9:30〜17:30)

■最寄駅

日比谷線「神谷町」駅
  4a出口より、徒歩2分

銀座線「虎ノ門」駅
  2出口より、徒歩8分

■アクセスマップ

マップ

拡大して表示する