弁護士紹介

判例情報・コラム

箕輪正美

プロフィール

経歴
千葉県出身
昭和44年 県立千葉高等学校卒業
昭和49年 早稲田大学法学部卒業
昭和53年 司法試験合格
昭和54年 司法研修所入所
昭和56年 弁護士登録
【五十嵐法律事務所(有楽町)入所】
昭和62年 箕輪法律事務所開設
所属
東京弁護士会
役職等
平成10年(〜13年)司法研修所教官(刑事弁護)
平成15年 東京弁護士会副会長
平成18年〜平成27年 筑波大学法科大学院 客員教授
平成20年 日本弁護士連合会理事
趣味
ゴルフ / 読書 / ガーデニング
モットー
依頼者のためにベストを尽くすこと。そして、日本の社会に、真の意味の法の支配が、少しでも広く行き渡るよう草の根になること。
遺産相続の解決事例
遺産分割調停手続き中に当事者の一人から、依頼者である被相続人の孫と被相続人との間の養子縁組の無効確認を求める裁判を起こされた事例
状況
被相続人である父親は、事業を興し、堅実な経営を行って亡くなった時には10億を超える資産を残しました。4人の子供達には十分な教育を受けさせ、子供達も父親の期待に応えてそれぞれ一流の大学を出て社会人になりました。父親が健在の時は、家業を継いだ長男、銀行に勤める次男、長女、次女の4人は、結婚後も盆暮れにはそれぞれの家族を伴って実家に集まる仲のいい兄弟でした。 父親は、70台の前半で現役の社長でしたが、癌になって発見から半年で死亡しました。故人は相続のことも考えており、将来の会社の承継者として長男の上の男の子を亡くなる3ヶ月前に養子に入れましたが、遺言書の作成はありませんでした。 会社の顧問税理士が、相続税の申告手続きの関係で分割方法の相談を受け、遺産分割協議の調整を試みましたが、会社を引き継いだ長男は、故人が設備投資関連で数億円の借り入れを残していることもあり家業の継続のために法定相続分を上回る取り分を求める分割案を提示したところ、次女が反対をして分割協議が暗礁に乗り上げてしまいました。
対応と結果
 長男の依頼を受け、他の兄弟に遺産分割協議の申し入れをしましたが、話し合いに応じる様子が全くなかったため、家庭裁判所に調停を申し立てました。 調停手続きにおいては、故人の残した設備投資関連の数億円の借り入れは、全て長男が承継することを条件に会社の事務所や工場などの資産は長男が相続し、相手方の三人の兄弟は不動産と数億円の金融資産を法定相続分で分けるという分割案を提示しましたが、次女は全ての相続財産の法定相続を求めており、数回期日をかさねましたが話し合いの進展はありませんでした。
  次女は、被相続人とその孫の養子縁組のことを知らされていなかったことに感情的になっており、突如養子縁組の無効確認の裁判を提起しました。養子縁組無効確認の裁判は、一審で養子縁組有効の判断が示され、次女が控訴しましたが、高等裁判所の判断も同様でした。養子縁組の有効が確定した段階で再度遺産分割調停を申し立てすることになり、何回か期日を重ね、ほぼ当方の主張が反映された遺産分割協議が成立し、家業を継いだ長男とその息子が会社資産を相続することになりました。
箕輪 正美弁護士からのコメント
遺産分割調停や審判手続きの中で積極財産を評価する際に、被相続人の債務は考慮されないのが原則ですが、親の借り入れを誰が支払うかは、法定相続人全員が大きな利害を持つことなので、債務を承継する相続人に関してはその取得財産の評価から債務額を差し引くことを了解するよう、知恵を尽くして他の相続人に働きかけることが重要です。

お問い合わせ法律相談
お問い合わせ

facebookページもご覧下さい

遺産相続ガイドブック
遺産相続ガイドブックを
無料で配付しています。
内容の案内は【こちら】
お気軽にご請求ください。
遺産相続ガイドブック

法律相談
24時間受付中!
お気軽にご相談ください。

弁護士紹介

事務所アクセス

■所在地

〒105-0001
東京都港区虎ノ門5丁目1番4号
東都ビル6階

tel03-3578-1837(代)fax03-3578-1839

tel03-3578-1837(代)fax03-3578-1839

【受付時間】
平日(9:30〜17:30)

■最寄駅

日比谷線「神谷町」駅
  4a出口より、徒歩2分

銀座線「虎ノ門」駅
  2出口より、徒歩8分

■アクセスマップ

マップ

拡大して表示する