箕輪法律事務所

03-3578-1837受付時間 平日9:30~17:30

メールでのお問い合わせは
こちら

契約書作成・訴訟対応

このようなお悩みはありませんか?

  • 取引先から送られてきた契約書の内容で、当社に不利な部分を修正してほしい。
  • 早急にチェックしてもらいたい契約書がある。
  • 顧客からのクレーム対応についてアドバイスをもらいたい。

契約書の作成・リーガルチェック

契約書において、コンプライアンス上の問題点がないか、不明瞭な表現によって不備が生じていないか、会社にとって不利な条件でないかなどを、弁護士や法務担当者が専門知識や最新の動向を踏まえてチェックするのがリーガルチェックです。

契約書の内容を吟味することなく調印してしまうと、後に、条件交渉等の場面で、不利な立場に置かれることがあります。そのようなことがないよう、会社で交わす契約書については、その都度、弁護士のリーガルチェックを受けていただくことをおすすめいたします。

紛争の予防にも、契約内容の事前のチェックが不可欠です。契約の内容自体はもちろん、裁判で争う際の負担も考慮した条項などをアドバイスします。

顧客からのクレーム対応

顧客からのクレーム対応については、対応を誤ることで紛争が訴訟に発展するなど、トラブルを拡大させてしまうことがあります。顧客の過大な要求については、必ずしも応じる必要はありませんが、間に弁護士を介入させることで、顧客の高まった感情が沈静化することも少なくありません。

契約書に不備があった場合、契約が無効になったり、クレームや代金不払いなどのトラブルが生じたりするなど、会社に大きな損失を生じさせてしまいかねません。
また、新規のものに限らず、過去の契約書についてもチェックや見直しを図ることが重要です。法令改正などにともなって適宜改定していくこともリーガルチェックの大事な役割です。

弁護士が契約書をチェックするメリット

1. 将来のトラブルを回避する

客観的な立場から、将来起こり得るトラブルを想定して、それに対処するための契約書作成をサポートします。

2. 現在のトラブルを解決する

弁護士ならば契約書の条項を正確に理解して、解決の糸口を探すことができます。また、契約内容の有効・無効も判断することができますので、それが解決に大きな影響となる可能性があります。

3. 契約の有効性を確保する

せっかく大きな利益をもたらす契約を締結しても、その契約内容によっては、契約が無効となって契約内容が履行されず、見込んでいた利益が得られなくなることがあります。
弁護士は法律の規定や判例に精通していますので、有益な契約にしていくことが可能となります。

初回のご相談は無料です(1時間目安)。

事前にご予約いただければ、平日夜間や
土日祝日の面談も可能です。

page top